第十四条 念仏の滅罪

本文

一 一念に八十億劫の重罪を滅すと信ずべしといふこと。この条 は、十悪・五逆の罪人、日ごろ念仏を申さずして、命終のとき、は じめて善知識のをしへにて、一念申せば八十億劫の罪を滅し、十念 申せば、十八十億劫の重罪を滅して往生すといへり。これは十悪・ 五逆の軽重をしらせんがために、一念・十念といへるか、滅罪の利 益なり。いまだわれらが信ずるところにおよばず。

そのゆゑは、弥 陀の光明に照らされまゐらするゆゑに、一念発起するとき金剛の信 心をたまはりぬれば、すでに定聚の位にをさめしめたまひて、命終 すれば、もろもろの煩悩・悪障を転じて、無生忍をさとらしめたま ふなり。この悲願ましまさずは、かかるあさましき罪人、いかでか 生死を解脱すべきとおもひて、一生のあひだ申すところの念仏は、 みなことごとく如来大悲の恩を報じ、徳を謝すとおもふべきなり。

念仏申さんごとに、罪をほろぼさんと信ぜんは、すでにわれと罪を 消して、往生せんとはげむにてこそ候ふなれ。もししからば、一生 のあひだおもひとおもふこと、みな生死のきづなにあらざることな ければ、いのち尽きんまで念仏退転せずして往生すべし。ただし業 報かぎりあることなれば、いかなる不思議のことにもあひ、また病悩苦痛せめて、正念に住せずしてをはらん、念仏申すことかたし。 そのあひだの罪をば、いかがして滅すべきや。罪消えざれば、往生 はかなふべからざるか。摂取不捨の願をたのみたてまつらば、いかなる不思議ありて、罪業ををかし、念仏申さずしてをはるとも、すみやかに往生をとぐべし。

また念仏の申されんも、ただいまさとり をひらかんずる期のちかづくにしたがひても、いよいよ弥陀をたのみ、御恩を報じたてまつるにてこそ候はめ。罪を滅せんとおもはん は、自力のこころにして、臨終正念といのるひとの本意なれば、他 力の信心なきにて候ふなり。

意訳

第十四条の異義について

一、唯円房の誡め

二、他力の救い