第十七条 方便化土と地獄

本文

一 辺地往生をとぐるひと、つひには地獄におつべしといふこと。 この条、なにの証文にみえ候ふぞや。学生だつるひとのなかに、い ひいださるることにて候ふなるこそ、あさましく候へ。経論・正教 をば、いかやうにみなされて候ふらん。

信心かけたる行者は、本願を疑ふによりて、辺地に生じて疑の罪 をつぐのひてのち、報土のさとりをひらくとこそ、うけたまはり候 へ。信心の行者すくなきゆゑに、化土におほくすすめいれられ候ふ を、つひにむなしくなるべしと候ふなるこそ、如来に虚妄を申しつ けまゐらせられ候ふなれ。

意訳

第十七条の異義について

一、唯円房の批判

二、限りなき仏の大悲