第十八条 布施の多少

本文

一 仏法のかたに、施入物の多少にしたがつて、大小仏になるべしいふこと。この条、不可説なり、不可説なり。比興のことなり。

まづ、仏に大小の分量を定めんこと、あるべからず候ふか。かの安養浄土の教主(阿弥陀仏)の御身量を説かれて候ふも、それは方便報身のかたちなり。法性のさとりをひらいて、長短・方円のかたちにもあらず、青・黄・赤・白・黒のいろをもはなれなば、なにを もつてか大小を定むべきや。念仏申すに、化仏をみたてまつるといふことの候ふなるこそ、「大念には大仏を見、小念には小仏を見る」 (大集経・意)といへるが、もしこのことわりなんどにばし、ひき かけられ候ふやらん。

かつはまた、檀波羅蜜の行ともいひつべし、 いかに宝物を仏前にもなげ、師匠に施すとも、信心かけなば、その詮なし。一紙・半銭も仏法のかたに入れずとも、他力にこころをなげて信心ふかくは、それこそ願の本意にて候はめ。

すべて仏法にことをよせて、世間の欲心もあるゆゑに、同朋をいひおどさるるにや。

意訳

第十八条の異議について

一、唯円房の批判

二、凡夫救済の法