​輝く言葉/賞雅哲然

​住職の祖父、賞雅哲然の歎異抄の本です。序には行信教校の校長先生であられた利井興弘先生が文章を寄せてくださっています。

序:利井興弘
はじめの言葉:私と歎異抄

序文

一、誰によってどういう目的で
二、一人一人の悩みに応えて
三、歎きの心

第一条 誓願の不思議と他力の救い

一、第一条の背景=人々の不審に答えてと師訓十条の配列について
二、不思議ということ
三、他力本願と摂取の利益

第二条 関東のお弟子の不審に応えて

一、第二条の背景=上洛の理由
二、上洛の人々を迎えて=世を驚かす言葉
三、本願の流れ

第三条 悪人の救い

一、第三条の背景=倫理的要請を超える
二、善人悪人とは
三、倫理道徳とのかかわり合い

第四条 この世の慈悲と浄土の慈悲

一、第四条の背景=人の善意について
二、末通らぬ聖道の慈悲
三、末通りたる慈悲

第五条 父母孝養と念仏

一、第五条の背景=念仏と追善供養
二、未だ念仏申したる事なし
三、浄土真宗の年回仏事の意義

第六条 念仏と師弟

一、第六条の背景=原始真宗教団の姿
二、念仏する人々の心
三、念仏による師弟の道

第七条 念仏者の生き方

一、第七条の背景=中世の人々の生き方
二、鮮やかな逆転劇
三、内側よりの証

第八条 お念仏を頂く心 その一

一、第八条の背景=他力の念仏に対して
二、他力の風向
三、念仏に導かれて

第九条 お念仏を頂く心 その二

一、第九条の背景=唯円房の問い
二、親鸞聖人のみ跡には
三、どこまでも見放したまはぬ如来の大悲

第十条 お念仏の本質

一、第十条の背景=知性を超えるもの
二、計らいを離れる
三、不可称・不可説・不可思議

別序の章 上承起下

一、上を受けて下を起こす言葉(別序)の心
二、異義異安心の起こる理由
三、異義八条の流れ

第十一条 誓願と名号の関係

一、誓願と名号
二、化土往生の意味

第十二条 学問と信仰

一、学問の姿勢=仏の大悲心を学ぶ
二、念仏誹謗と学生の務め

第十三条 宿業と善悪

一、本願を疑う者
二、運命と宿業

第十四条 念仏の滅罪

一、唯円房の誡め
二、他力の救い

第十五条 信心と成仏

一、唯円房の批判
二、凡夫のための宗教

第十六条 念仏と廻心

一、唯円房の批判
二、凡夫の救い

第十七条 方便化土と地獄

一、唯円房の批判
二、限りなき仏の大悲

第十八条 布施の多少

一、唯円房の批判
二、凡夫救済の法

後序

一、信心諍論と聖教の権実
二、聖人の持言

あとがき

デザイン調整のためのページ

もくじ