第十五条 信心と成仏

本文

一 煩悩具足の身をもつて、すでにさとりをひらくといふこと。 この条、もつてのほかのことに候ふ。

即身成仏は真言秘教の本意、三密行業の証果なり。六根清浄はま た法花一乗の所説、四安楽の行の感徳なり。これみな難行上根のつ とめ、観念成就のさとりなり。来生の開覚は他力浄土の宗旨、信心 決定の通故なり。これまた易行下根のつとめ、不簡善悪の法なり。 おほよそ今生においては、煩悩・悪障を断ぜんこと、きはめてあり がたきあひだ、真言・法華を行ずる浄侶、なほもつて順次生のさと りをいのる。いかにいはんや、戒行・慧解ともになしといへども、 弥陀の願船に乗じて、生死の苦海をわたり、報土の岸につきぬるも のならば、煩悩の黒雲はやく晴れ、法性の覚月すみやかにあらはれ て、尽十方の無碍の光明に一味にして、一切の衆生を利益せんとき にこそ、さとりにては候へ。この身をもつてさとりをひらくと候ふ なるひとは、釈尊のごとく種々の応化の身をも現じ、三十二相・八 十随形好をも具足して、説法利益候ふにや。これをこそ、今生にさ とりをひらく本とは申し候へ。『和讃』(高僧和讃・七七)にいわ く、「金剛堅固の信心の さだまるときをまちえてぞ 弥陀の心光 摂護して ながく生死をへだてける」と候ふば、信心の定まるとき に、ひとたび摂取して捨てたまはざれば、六道に輪廻すべからず。 しかれば、ながく生死をばへだて候ふぞかし。かくのごとくしるを、 さとるとはいひまぎらかすべきや。あはれに候ふをや。「浄土真宗 には、今生に本願を信じて、かの土にしてさとりをばひらくとなら ひ候ふぞ」とこそ、故聖人(親鸞)の仰せには候しか。

意訳

第十五条の異義について

一、唯円房の批判

二、凡夫のための宗教