別序の章 上承起下

本文

 そもそもかの御在生のむかし、おなじくこころざしをして、あゆみを遼遠の洛陽にはげまし、信をひとつにして心を当来の報土にか けしともがらは、同時に御意趣をうけたまはりしかども、そのひと びとにともなひて念仏申さるる老若、そのかずをしらずおはします なかに、上人(親鸞)の仰せにあらざる異義どもを近来はおほく仰 せられあうて候ふよし、伝へへうけたまはる。いはれなき条々の子 細のこと。

意訳

一、上を受けて下を起こす言葉(別序)の心

二、異義異安心の起こる理由

三、異義八条の流れ