第十六条 念仏と廻心

本文

一 信心の行者、自然にはらをもたて、あしざまなることをもをかし、同朋・同侶にもあひて口論をもしては、はかならず廻心すべ しといふこと。この条、断悪修善のここちか。

一向専修のひとにおいては、廻心といふこと、ただひとたびある べし。その廻心は、日ごろ本願他力真宗をしらざるひと、弥陀の知 恵をたまはりて、日ごろのこころにては往生かなふべからずとおも ひて、もとのこころをひきかへて、本願をたのみまゐらするをこそ、廻心とは申し候へ。一切の事に、あしたゆふべに廻心して、往生を とげ候ふべくは、ひとのいのちは、出づる息、入るほどをまたずしてをはることなれば、廻心もせず、柔和・忍辱のおもひにも住せざ らんさきにいのちつきば、摂取不捨の誓願はむなしくならせ おはしますべきにや。口には、願力をたのみたてまつるといひて、 こころにはさこそ悪人をたすけんといふ願、不思議にましますとい ふとも、さすがよからんものをこそたすけたまはんずれとおもふほ どに、願力を疑ひ、他力をたのみまゐらするこころかけて、辺地の 生をうけんこと、もつともなげきおもひたまふべきことなり。信心 定まりなば、往生は弥陀にはからはれまゐらせてすることなれば、 わがはからひなるべからず。わろからんにつけても、いよいよ願力 を仰ぎまゐらせば、自然のことわりにて、柔和・忍辱のこころも出 でくべし。すべてよろづのことにつけて、往生にはかしこきおもひ を具せずして、ただほれぼれと弥陀の御恩の深重なること、つねは おもひいだしまゐらすべし。しかれば念仏も申され候ふ。これ自然 なり。わがはからはざるを、自然と申すなり。これすなはち他力に てまします。しかるを、自然といふことの別にあるやうに、われ物 しりがほにいふひとの候ふよし、うけたまはる、あさましく候ふ。

意訳

第十六条の異義について

一、唯円房の批判

二、凡夫の救い