第五条 父母孝養と念仏

本文

一 親鸞は父母の孝養のためとて、一返にても念仏申したること、いまだ候はず。そのゆゑは、一切の有情はみなもつて世々生々の父母・兄弟なり。いづれもいづれも、この順次生に仏に成りてたすけ候ふべきなり。わがちからにてはげむ善にても候はばこそ、念仏を回向して父母をもたすけ候はめ。ただ自力をすてて、いそぎ浄土のさとりをひらきなば、六道・四生のあひだ、いづれの業苦にしづめりとも、神通方便をもつて、まづ有縁を度すべきなりと云々。

意訳

親鸞はなくなった父や母があの世でより幸せであるようにとの願いから(追善供養)いまだ一返もお念仏を申したことはありません。

その理由は一切の生きとし生けるものは、過去世からの長い長い間において、死んでは生まれ生まれては死につつ、生死を繰り返している間に、あるときは父母隣、ある時は兄弟となった間柄であって、あかの他人は誰一人いないのであります。したがって次の世に仏となっていづれの人々もすくい遂げねばなりません。

そもそもわが力によって励む善であれば、念仏をもって他の人々に手向けてすくうということができましょうが、お念仏はもともと私が作る善根功徳ではなくて仏様から恵まれたものでありますから、これをなき父母に手向けてすくおうとすることは誤りであります。

自力の心を離れて本願のお心をいただいてお浄土に生まれて、速やかに仏の悟りを開いた時に地獄、餓鬼、畜生、阿修羅、人間、天上界に胎生、卵生、湿生、化生の生まれ方によっていづれの世界に迷うていても、神通力による優れた方法手段をもってすくい遂ぐることができるのでありますと……。

問題提起

数年前、NHKの教育テレビで龍谷大学の森龍吉教授を囲んで数人の作家、評論家で親鸞を語るという座談会が放映されていました。その時某作家が今の本願寺教団は、親鸞の歎異抄第五条の言葉でいっぺんに吹き飛んでしまうと言われました。

その意味は今日の本願寺教団の経済的な支えとなっている葬式、年回仏事は親鸞聖人の精神に反した行為であり、聖人にそむいた行為によってようやく本願寺が余命を保っているということを言われたものと思われますが、果たしてそうでしょうか。

一、第五条の背景=念仏と追善供養

二、未だ念仏申したる事なし

三、浄土真宗の年回仏事の意義